尿 臭い 色 原因 症状 対処法

尿の臭い、色の異常とは!

スポンサーリンク

尿が臭い?・・・・・・・・・
普段と違う匂い?・・・・
--- 甘い匂い、魚臭、酸っぱい匂い、アンモニア臭がきつい。
白く濁っている。
黄色の色が濃くなっている。
泡が多い。
など、普段と違う尿の状態になる事があります。
普通の人の尿の臭いの場合、尿には尿素と呼ばれる成分が含まれていて、此の尿素が空気を反応してアンモニアの臭いに変わりますので、通常では尿の排出時に健康的な人はアンモニア臭は感じられないのが健康的です。
逆に排出して時間がたった尿はアンモニア臭がすること自体は、健康面で以上ではありません。
また、色も黄色透明であったり、黄色の色がいつもと違っていても、尿をする前の水分摂取量が関係していますので、尿の濃い、薄い黄色のような色はよくあります。

スポンサーリンク

色が濃い場合などの場合は、その分アンモニア臭がきつくなることもしばしばあります。この場合は水分摂取量を多くしてあげることで、解消できます。
では、尿が臭く色が黄色以外に、赤色(血がまじる)、白く濁里がキツイ、泡が異常にでる。
尿の排尿時に膀胱、痛みを伴っていて臭い、魚臭がする、甘いがする、酸っぱい臭がするなどは、一度調べてみることも重要です。
特に、女性の方で生理中、妊娠中などに異常に臭かったりした場合は、注意が必要です。
病気から来ていることも考えられすので、重要です。
特に、甘い匂いがする場合は糖尿病、赤い尿は血液の関係がありますので腎臓機能を疑ってみる必要がありますので、検診をお薦めいたします。
他に、精神的なストレスからくることも尿が臭くなってりしています。
普段より、尿が臭い、泡多い、色が変、などとなりますので、異常どうかを紀にしてみる事が必要です。
ひょっとして、病気からくることもありますので、十分に注意をしていても、いいくらいです。
自分の体ですので、気をつけます。
病気が隠れている事も考えられますので、注意します。
たかが尿と思わずに、尿から病気がわかることがありますので、気にすることをお薦めします。

スポンサーリンク