自宅でできる 尿検査キット

自宅でできる尿検査と方法について

スポンサーリンク

病院で健康診断などを行うときには、血液検査や尿検査が行われるようになっています。
血液検査に関しては、注射が必要になってくるので、なかなか自分で行うことが難しいと考えられています。
しかし尿検査の場合は異なっています。
これは自宅でできるようになっています。
その簡単な方法があります。
自宅でできる尿検査に関しては、次のような特徴があります。
その方法は簡単で、尿をかけるだけで検査をすることができるようになっています。
検査をした後はそのままトイレに流すことができるようになっているので非常に便利な方法となります。
どのように検査結果を判断すればいいのかというと、ケースについている色判断の表を参考にすることができます。
実際にはどのような尿検査を行うことができるのかというと、尿糖と尿たんぱくの検査をすることができるキットがあります。
これが自宅でできるのです。
試験紙に1秒間尿をかけた後に尿糖に関しては30秒後に確認をすることができます。
尿潜血の確認をすることもでき、これに関しては20秒後となっています。
尿たんぱくは10秒後となっています。

スポンサーリンク

一度の検査で3つの項目を確認することができるので非常に便利です。
しかし10秒ごとに確認をしなければいけないと言うことで、時間をしっかりとチェックしなければいけません。
このキットには子供用もあります。
このほかには尿糖と尿たんぱくを確認できるキットもあります。
これも同じように試験紙を使う方法となっています。
試験紙に1秒間尿をかけて、その後尿糖は30秒後に、尿たんぱくに関しては10秒後に色の変化で判定をするようになっています。
また尿糖だけの検査をすることができるキットもあります。
これは糖尿病の疑いがあるかを判断するときに非常に便利となっています。
試験紙に1秒間尿をかけて、その後30秒後に色の変化を判定するようになっています。
このようにたくさんのキットが販売されています。
薬局では一般検査薬を購入することができるようになっています。
この場合尿糖や尿たんぱくを判定することができるようになっています。
潜血に関しては基本的に病院を受診して確認するというのが多くなっています。
健康診断を受ける前の指標として使うことができます。

スポンサーリンク