陀羅尼助 尿の色 変わる 原因

陀羅尼助で尿の色が変わる原因

スポンサーリンク

陀羅尼助という商品があります。
これは漢方から作られたものとなっています。
したがって陀羅尼助を服用することで体にさまざまな効果が現れるようになっています。
しかし陀羅尼助を服用することで、尿の色が変わるというような作用が現れることもあるので、その原因をしっかりと把握する必要があります。
陀羅尼助という商品がありますが、これは次のような特徴があります。
陀羅尼助の原料はキハダというものになっています。
これが尿の色が変わる原因と考えられています。
キハダとはミカン科の樹木で樹皮が黄色くなっています。
したがってこれが尿の色が変わる原因となっています。
この樹皮を取って乾燥させたものがオウバクと呼ばれています。
陀羅尼助の効果はこのオウバクによって生み出されています。
口の中に含むと非常に強い苦味を感じるようになっています。
この苦味がしっかりと効果を発揮するようになっています。
陀羅尼助を口に含むと苦味がありますが、この苦味が胃腸などの消化器官を刺激するようになっています。
それによって食べ過ぎや飲み過ぎ、このほかに食欲不振や胃もたれというような症状を改善させることができます。

スポンサーリンク

この薬は漢方薬となっています。
したがって服用することで尿の色が変わることがあります。
尿の色が変わる原因としては生薬になります。
ここには生薬成分ばかりが含まれているので、それが原因となって尿の色が変わるようになっています。
陀羅尼助は胃の運動を促進させるという働きがあります。
また唾液や胃液の分泌も促して、苦味によって健康な胃を保ったり、整腸作用を発揮するようになっています。
二日酔いや悪酔い、胃もたれや胸焼けなどの症状を改善する効果があります。
漢方薬ということで非常に安心となっていますが、いくつかの副作用が現れる可能性もあります。
漢方は個人によって合わないこともあるので、まずはしっかりと体の変化を確認することが必要になります。
服用することで尿の色が変わることもあります。
尿の色が変わるときには何が原因となっているのか気になりますが、オウバクのエキスが原因となっていることが多いです。
オウバクと水を使って抽出したエキスやガジュツという薬が原因となって尿の色が変わることがあります。
しかし健康に影響を及ぼすという心配はありません。

スポンサーリンク