アリナミン 尿の色 変わる 原因

アリナミンで尿の色が変わる原因

スポンサーリンク

眼精疲労や肩こり、腰痛に効果を発揮する市販薬、アリナミンは多くの年代に愛用されています。
効果が高いと常用する人もいますが、飲んだ後、尿の色が濃くなることや、変わることを副作用としてあげる人も珍しくありません。
主な原因として挙げられているのは、アリナミンに含まれている成分である、ビタミンB1誘導体のフルスルチアミンと、ビタミンB2です。
そもそもアリナミンに含有されているこれらの成分は、体内で吸収されますが、余剰名成分は尿として排出される特徴があります。
この時、ビタミンB2の作用によって尿の色が変わることは製薬会社側でも認知しており、その上で健康被害は無い物との説明です。
一般的にビタミンB1は腸からの吸収が難しい成分といわれているため、製薬会社側が作った独自の成分となるビタミンB1誘導体のフルスルチアミンが必要となります。
体内への吸収率が高まる為、尿の色や臭いが変わる原因になるのが一般的です。
そのため、臭いや色が変わる原因は、アリナミンが正しく体内で吸収された証拠で、安全に問題ないといわれています。

スポンサーリンク

アリナミンを摂取することでフルスルチアミンが体内に吸収され、筋肉や神経組織に浸透し、症状緩和に役立てる作用をもたらします。
人間の身体は水溶性ビタミンを蓄積するようには出来ていないため、水溶性ビタミンであるB1やB2は尿となって体外に排出されるのです。
この時、ビタミンB2が原因で尿の色が黄色く変化し、臭いも薬くさくなりますが、暴行や腎臓に対しての影響はナイトいわれています。
ドリンク剤よりも高く効果を実感する人が多く、副作用として尿の色や臭いが変わる程度なので、気になる場合や尿検査の前には服用を控えてください。
債権差の原因となる可能性がある為、絶対に尿検査の前には飲むことをやめましょう。
薬が原因で尿の色が変わることは珍しくなく、アリナミンのような市販薬でも一般的に起こることです。
しかし、尿の色が変わる原因がはっきりすると、安心してアリナミンを飲む人が増えます。
アリナミンで尿の色が変わる原因となっていても、健康面には問題なく、むしろ健康に導く為の作用として体内で起こる事とわかっているからです。

スポンサーリンク




内容は解決のお役になりましたでしょうか?


もし内容が気に入って頂けましたら、 SNSで共有して頂けますと嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加