尿臭い トイレ、便器 掃除

トイレ、便器が尿臭く時の掃除方法

スポンサーリンク

尿が臭いなってきていると必然的に、トイレ、便器が尿臭くなってきて掃除も洗剤の選択に注意が必要です。
消臭剤、消臭剤スプレーで一時的に消臭を施しても、便器等への尿の清掃を十分に施さないと、尿臭くを解消は難しいです。
実際に尿などの尿臭くなった便器とうの洗剤はいろいろと出ていますが、洗剤の主成分で効果が違いますので、便器等の臭いの程度で使い分ける必要があります。
便器等の洗剤の種類としては主に、中性洗剤、アルカリ性洗剤、酸性洗剤に分かれています。
・中性洗剤
中性洗剤は軽度の汚れ、臭いの時に使用し普段よりコマメに掃除するときに使用します。
手などの手荒れ等には影響が少なく、トイレの壁などの便器以外の尿の飛び跳ねた部分も清掃が可能ですので、トイレ全体の清掃をするに適しています。
・アルカリ性洗剤
中度の汚れに効果がある洗剤で、洗浄効果があり、臭い防止効果のある洗剤が大き出ていますので、中度の臭いの時などに効果があります。
この洗剤は効果が大きのですが、手荒れなどの注意が必要で清掃時には、ゴム手袋を必ずする必要性があります。
また、このアルカリ性洗剤は除菌効果の大きく期待できるものが多く、除菌を目的として清掃をするときはこのアルカリ性が効果があります。
また、漂白効果もアルカリ性洗剤は効果を発揮する製品が多いのでお薦めです。

スポンサーリンク

・酸性洗剤
頑固な汚れ、臭いの時に使用すると良い主成分の洗剤で、即効性の効果もありますが、時間をかけてじっくりニオイの元となる汚れを協力に落とすのが、酸性洗剤になります。酸性の力で臭いの元となる汚れを溶かす力があるために、流せるトイレットペーパーやトイレ清掃用シートにこの酸性の洗剤を染み込ませて数時間汚れの部分につけた状態で放置して、汚れを溶かして後ほどブラシで落とし切ります。
ブラシ以外で、最近かなり安価になってきたメラミンフォームも汚れ落としに効果のかるスポンジです。100円ショップでも販売されていますので使い切りのスポンジと割りきって使えるので張宝します。
間違っても、研磨ペーパーやスチール製たわしは禁物です、便器を傷つけます。
また、酸性の洗剤は尿石、水垢などの石灰化したところにも効果があり、先ほどのペーパーに染み込ませて溶かす、直接かけてペーパーで流れないようにする、または、粘度のある酸性の洗剤を漬け置きで溶かすなどで消臭、除石をします。
尿石などはアルカリ性の為に、酸性の洗剤で中和して溶かす目的なので、酸性の洗剤を使用すると言う目的です。
綺麗にしたトイレ、便器の後は、ご褒美にトイレに好きな芳香剤を入れて気分をリフレッシュをします。
これは、お好みでしてみてください(笑顔)
精神的にリラックスできます。

スポンサーリンク