尿臭い 自宅で出来る 簡単検査方法

病院へ行かなくても自宅で出来る尿検査方法について。

スポンサーリンク

尿の色や臭いで気になる時に、実は病院へ行くというのは少々抵抗が合ったり、急に調べたくなることあります。
特に女性で病院への行く事自体が恥ずかしい、照れくさいなど、少々抵抗があって当然です。家族ににょうの件で悩んでいたり、家族の洗濯物に匂い移りが合ったりしているのではと思っているときに、実はネットでも購入できる試験紙や、宅急便で尿検査をしてくれるところがありますので、心配だあれば家族・彼・彼女に心配を掛ける前に調べることが可能です。
<テルモ社のウリエースシリーズ>
・ウリエースKc→尿糖、尿蛋白、尿潜血の自己検査用
・新ウリエースT→尿蛋白の自己検査用
・新ウリエースGA→尿糖の自己検査用
・新ウリエースBT→尿糖、尿蛋白の自己検査用
試験項目としては、1種専用のものから、3種を一度に検査できるものまでも種類があります。
ここの試験ないようとしては、
<尿糖検査項目>
尿のブドウ糖に反応します。
尿糖の濃度が、50mg/dlからの検出が可能
<尿蛋白検査項目>
アルブミン(血液中のタンパク質)に対して敏感に反応します。
総蛋白濃度約15mb/dlから検出が可能
<尿潜血>

赤血球とヘモグロビンの識別が可能。
薬10子/hlから検出から可能
の4種類の試験薬があり、がそれぞれ自己検査、自宅で簡単検査が可能な試験になります。
細かい検査かありそうですが、実は色が変わる事をで確認できるような確認方法の検査方式のために、検査方法も簡単で、試験用フィルムに尿を浸す、尿を漬ける、それだけでそれそれの試験可能な項目が試験紙の色の変化で確認が簡単にでき、自宅のトイレでできます。
検査時間も尿をつけるだけで、時間も数秒つけるだけの簡単検査が可能です。
それに、1回あたりの費用が¥40ぐらい(50枚入りでおよそ¥2000)で比較的安価にすみ、入手性もインターネットからでも購入できますので、病院へ行くという手間もなく購入ができまし、購入する際に人と直接会わずに購入もできますので、購入面で恥ずかしい思いをしなくても良いので安心です。また保管期間も2年間もありますので比較的長期保存が可能な面もメリットあります。
体調管理用としても心配のある方は利便性がありますので、購入を検討されているのであれば3種の検査が出来るウリエースKcが常備品にすると良いです。
但し、細かい検査はやはり病院での検査のほうが厳密に検査はできますので、自己管理としての検査が出来るメリットが有る検査用としては効果あります。
尿の臭い、色などで悩んでいる場合に自宅で簡単に検査が出来ますので不安を抱えるよりも、まずは簡単検査ができますので検討されてみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク