臨終期 濃縮尿 理由

なぜ臨終期に濃縮尿になる理由

スポンサーリンク

皆さんは人間の臨終期を見たことがあるでしょうか。
昔は病院などに入院せずに自宅で看取る人が沢山いました。
自宅で寝たままになる。食事が食べられなくなる。お水が飲めなくなる。
体の中が脱水になることで尿の生成が出来なくなりました。
人間死が近づくと、病院に入院されている多くの方が医師から多臓器不全、心不全、腎不全と言う言葉を多く聞くことになると思われます。
不全何のことを言っているのか、どんな状態になっているのかを理解するのは難しいことかと思います。
では不全とはどんな状態を表すのかと言うと、臓器が自分の役割、仕事をできなくなった状態のことを言います。
その状態になればどの臓器が悪くなろうが、体全体の臓器に影響が出ることは間違いありません。
心不全だったらとお考えでしょうが、心臓の働きが悪くなることで全身へ思うように血液が回らなくなり、腎臓の血流量も減り体の中の不純物を排泄しようと少ない血液から超すようにして尿の生成が行われ濃縮尿が出る理由です。

スポンサーリンク

病院で入院して延命治療を受け水分も点滴や、中心静脈栄養などで栄養も入れてるのにそんな状態になるのはおかしいと考える方もいると思います。いくら外から刺激して栄養を入れたりしたとしても、人間の臓器の寿命が来てしまえば何の意味もなくなります。
点滴をして水分を入れても腎臓が正常に働かなくなることで尿の生成が出来なくなり、体に不必要な水分がたまってしまい浮腫を起こします。利尿剤を入れても反応すればよいですが臓器が働かなくなった所に鞭で打っても良くなってくることはほとんどないと思われます。
人間の寿命とは各臓器の寿命であるとも考えられます。臨終期に濃縮尿になる理由とは、人間の寿命が尽きる時、心臓も肝臓も腎臓も働きを止めてしまう時、いくら腎臓に血液が巡回してきても尿が作られることはなくなる時、最後に出来る事を少しだけ頑張って来た臓器、腎臓で作りだされた尿が濃縮尿となって体の外に出てきます。
絞り出したように出る事でとても濃い尿になってしまうのだと思われます。

スポンサーリンク




内容は解決のお役になりましたでしょうか?


もし内容が気に入って頂けましたら、 SNSで共有して頂けますと嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加