濃縮尿 臨終期の関係性

濃縮尿と臨終期の関係性

スポンサーリンク

臨終期に濃縮尿となる理由は体内の臓器が機能しなくなるからです。
これは血液を生きるために必要な臓器に主に流れています。
臨終期は血液の生成が作られていないのです。
限られた血液の量で心臓を動かしたり肺を動かすことを行っているのです。
濃縮尿になるのは腎臓の機能が働かなくなっている理由があるからです。
息を吸うことや心臓を動かすことは全て脳の神経からの指示が出ているからです。脳はこの状態であっても生きるために働いているのです。
血液がまわらなくても生きていけるところの血液を流す分を脳に全ておくります。
そして臨終期を迎える時には脳と心臓と肺のみが動くように体の仕組みが自然と形を作ります。
人工呼吸器を使わない時は自然と血液の流れが止まるのです。
すると肺と心臓に血液が行かなくなると脈の回数が減り血圧が測定できなくなっていくのです。
これを尿を目安にして周りは判断することができるのです。

スポンサーリンク

医療はわからなくても家族みんなが理解できるサインなのです。
臨終期の体はいつでも回復できるように体は準備しているのです。
濃縮尿が起きることは心臓の動きが悪くなると腎機能が働かなくなるのです。全身の血液は脳に送られていくのです。
心臓と肺が働かなくなった時脳のみは働いています。
脳からの指令が届かなくなり心臓と肺は止まるのです。脳の働きは最後まで続いているのです。なので脳死判定が難しくなる人がいる理由なのです。
生きたいと最期まで思い続けている人にとって大切なのは体内の血液なのです。
臨終期を迎える頃の人は一時的に元気になることがあるのです。
それは大切な人に向けて本人から伝えたいことがあるからです。
それを聞く時の目安になるのが濃縮尿である時です。意思表示を出来なくなる時は尿の量はほとんど出ることはないのです。無尿になる前に大切な家族を集めておく時間でもあるのです。それをみながら、多くの人が見守る中で命の終わりを迎えることは亡くなる人にとって重要なことなのです。

スポンサーリンク