尿 定期的にくさい

尿が定期的にくさいと感じる

スポンサーリンク

尿が定期的にくさい場合、様々なことが考えられるでしょう。
まず朝一番の尿が臭い場合、睡眠中の汗が原因となっていることが多いのです。
睡眠中は汗をかくので体の水分が抜けて、腎臓が血液にまわす水分を調整することによって臭いがきつくなったり色が濃くなったりするのです。食べ物が関係している場合もあるでしょう。
コーヒーやカレーやにんにくなどの臭いの強い食べ物を摂った後は、臭いがきつくなることがあります。刺激の強い物ばかりを食べないように心がけましょう。糖尿病が原因になっていることもあるのです。
血糖コントロールができず甘い臭いがすることがあります。
これはケトン体が多く溶け込んでいるため起こる症状なのです。過度なダイエットをした時も、同じような症状があらわれることがあるでしょう。
強いストレスを感じていると、体に様々な異常がみられることもあるのです。

スポンサーリンク

その中には独特なアンモニア臭が残るなどの特徴もあるのです。
体の変化に気づいて早めに対策をとるようにしましょう。
腎臓病は初期症状がないため、発見が遅れることがあります。
病気のサインには、高血圧、むくみ、尿などの異常などがあるのです。
腎臓の機能が低下すると塩分と水分が溜まってしまい、足やまぶたがむくみやすくなるのです。
尿は透明か淡い黄色なのが正常なのですが、病気になると濃いオレンジ色、緑色、赤色などになることがあるのです。
腎臓病の場合、甘酸っぱい臭いやツンとした刺激臭などになることもあります。このような状態になった場合は、早めに病院で診てもらうといいでしょう。
腎臓病の治療には、食事療法、薬物治療、透析療法、腎移植、生活指導などを行うのです。病気の進行具合などによって決めていくことになるでしょう。腎臓や肝臓は、体の中で様々な有毒物質や老廃物を処理している臓器なのです。なので体に異常が出た時は、腎臓や肝臓にも変化が見られるようになるのです。定期的にくさいと感じたり、いつもと違う色をしているなどを毎日行うトイレで判断するようにしましょう。

スポンサーリンク