コーラ色の尿 続く 原因

コーラ色の尿が続く原因について

スポンサーリンク

コーラ色の尿が続いて出ていませんか。
たとえば、体全体が脱水症状の場合は、茶色っぽい尿が出てしまうことがあります。
また、激しく動く運動をしたりすると、コーラ色の尿が出たり、赤ワインのような色の尿が出ることもあるようです。
そんな尿が続く原因には、やはり何か病気が関係しているかもしれません。
腎臓や膀胱などの部位で出血が起こると、血液中のヘモグロビンが尿に混じってしまい、コーラ色の尿が出ることがあります。
その他にも、タンパク質や飲んでいる薬などの色素が原因で、茶色っぽい色の尿が出てしまうこともあるようです。
そのように、さまざまな原因が考えられますが、もしコーラ色の尿が続くようなら、一度病院に行って医師の診察や検査を受けることが大切です。
さらに、症状として発熱や吐き気、嘔吐などがある場合は、要注意となります。

スポンサーリンク

もし、コーラ色の尿が続くようなら、次に挙げる病気になっている可能性があります。
まず、溶血性貧血という病気が疑わしいです。
これは、血液中の赤血球の異常によって起こる病気です。
貧血を引き起こし、ヘモグロビンが壊れてしまうことによって、尿の中にビリルビンという成分が漏れ出してしまいます。
すると、茶色っぽい感じの尿が出てしまいます。
また、ポルフィリン症という病気があり、これもヘモグロビンを構成するヘムという成分に異常が起こることによって発症します。
ポルフォビリノーゲンと呼ばれる成分が尿の中に混じってしまうため、黒っぽい色の尿が出てしまったりします。
あるいは、横紋筋融解と呼ばれる病気が原因であることもあります。
この病気は、横紋筋という筋肉が死んだ状態になり、血液の中に入ってしまうことで起こります。
この病気になっても、尿の色が濃くなってきます。

スポンサーリンク